本文へスキップ

角皆優人のスキーレッスン

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0261-75-4441

〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城27721-590

レッスン予備知識Outskirts of Lessons

レッスンの予備知識と、役立つ周辺知識
Prime

 このページは、エフ-スタイルと角皆優人のレッスンに興味を持たれているみなさまのためのページです。
 ここに角皆優人のスキー技術にかんする考え方を書いてみます。
 レッスンを受ける前に読まれると、レッスンで言っていること、解説していることが、わかりやすくなるでしょう。そしてレッスン後に読まれたなら、レッスンの内容がより深く理解できるでしょう。

<キャンプの構成について>

 各種のキャンプは段階的に創られています。そして、簡単なキャンプほど基礎的に大切で重要な内容を含んでいます。コブに特化したレッスンを選ばれる際は、できるだけ段階的なご受講を検討されてください。
 おおよその順序は以下のようになります。
@初めてのコブ
A基礎を大事にして少しコブ
B不整地とコブを好きになる
C初めての1コブ1ターン
D少しモーグルらしく
Eニューライン入門

 上達に迷われたら、一歩下がり、基礎に戻って再スタートしましょう。
 スペシャルキャンプは、コブも大切にしながら、もっとスキー全般における技術と応用力を向上させようという講座です。たとえばエアのレッスンは、飛ぶという技術(ストレッチング)を主にトレーニングさせていただきますが、これはコブの吸収動作とコインの裏表をなす技術であり、どちらかだけができるということは片手落ちとなります。ですから飛ぶことでコブの吸収がうまくできるようになります。
 さまざまな角度からスキーを見直しましょう。

<基礎的な用語の理解について>

 レッスンでよく使う単語が何を意味しているか、理解しましょう。
 まず、「ターン」と言う場合、それは『C』 の字型をする一回転を指しています。時々「ターン」という言葉でS型の「切り替え部分を含んだ弧」を表現される方がいますが、わたしはC型の弧を意味しています。
 「切り替え期 (トランジション)」とはC型と次のC型をつなぐ部分を差します。
 ストックは、ターンとターンの切り替え期で突かれることになります。

 「抜重」とは切り替えを助ける(補助する)動作を指します。
 理想は抜重動作がなくともターンとターンをつなげられること。しかし、それは整地なら簡単ですが、コブや不整地では高度なテクニックとなります。そこで、最初は抜重動作を利用してターンを重ねる方法で指導しています。

 「抜重」には大きく二つのタイプがあります。
 まずもっとも基本的な「伸身抜重(Up unweighting)」。
 これは、伸び上がること(立ち上がること・体を伸ばすこと)で抜重する方法です。わたしはこの 伸身抜重 を、「低速でターンを連続させる方法に適しており、人間にとって自然な動作」と考えています。
 次に「屈伸抜重(Down unweighting)」。
 これは屈伸すること(沈むこと・脚部をたたむこと)で抜重しようとする方法です。伸身抜重に比べ、タイミングをとったり、動作そのものが難しい技術だと考えています。伸身抜重より繊細さも求められます。屈伸抜重 はより高次のスピードに対応する技術で、この技術をごく低速でおこなうことは難しいとも考えています。

 「スライド(ターン)」という言葉は、ターンコントロールにおいて 「ズレ」 が重要な意味を持っている技術を指して使っています。
 同じ スライドターン においてもいくつかの種類が考えられます。
 スライドをおこなう位置で考えると、おもに以下の二種類となります。
 まず、もっとも初歩的な技術として、ターンの後半(Low C)にスキーをスライドさせ、ターンやスピードをコントロールするもの。
 それから高度な技術として、ターンの前半(High C)にスキーをスライドさせ、ターンやスピードをコントロールするやり方。
 もちろん上記の中間でスライドする滑り方も可能です。
 テクニックの難易度はターン後半にスライドさせるものほど低く、ターン前半にスライドさせるものほど高いと考えています。

 「カーヴィング(ターン)」という言葉は、できるだけズレを排除し、たわんだスキーのエッジによる軌跡をめざすターンを指して使っています。
 目指したいのは よりカーヴィングし、より抜重動作を伴わないターン です。
 しかし、誰もがすぐにそこに到達することはできません。そこで確実なステップを刻み、技術の階段を登り、各ステージを十分に楽しみながら、一歩一歩進んでいくレッスンを心がけています。

Bumps

<初歩的なターンとは>
 これは初心者や初級者にお薦めしているターンで、次の要素を含む場合が多いものです。
 ターン後半にスキーをずらすスライドターンが中心的技術となっています。ターンをつなぐのに「低速ならば伸身抜重」を、「スピーディなターンならば屈伸抜重」を使用するテクニックです。

<中間的なターンとは>
 スライドを使用しますが、ターン後半だけでなく、ターン中盤や、場合によってはターン前半にスライドを使用してコントロールする技術です。ターンをつなぐために屈伸抜重が利用される場合が多く見られます。ただし、わずかな伸身動作が使われる場合もあり、それも良しと考えています。

<高度なターンとは>
 カーヴィング技術を中心に置き、スライドをできるだけ抑えて滑る方法です。
 コブのなかで弧を描く位置により、「バンクターン」と「ポーパスターン」の二種類に分けられます。
 バンクターン は一時期基礎スキーヤーによく見られた滑走方法で、深くて丸い弧を描くのに優れています。ただし、落下スピードを上げるという観点から見ると、限界が近くにある技術となります。
 ポーパスターン(ニューライン滑走テクニック)は、モーグル競技者によく見られる方法で、非常に速いスピードで滑ることが可能となります。しかし、同時に、ゆっくり滑ることが難しいテクニックともなります。諸刃の剣的技術と言えるでしょう。

Mogul


 以下、キャンプについて簡単な説明をさせていただきます。
 まず、キャンプは『コブ』、『スペシャル』、そして『バレエ』などのカテゴリーに分かれております。
 それぞれに詳しい説明ページがありますので、そちらもご参照下さい。
 キャンプ名下の星印は難易度を示しています。☆一つがもっとも簡単、☆五つがもっとも難しいもの。

コブを中心とするキャンプについて

初めてのコブ
コブや不整地にまだまだ自信を持てないスキーヤーのためのキャンプ。
上手に滑れるスキーヤーは参加禁止です。
基礎を大事にして少しコブ
☆☆
スキーの基礎技術をトレーニングして、それらをコブに応用します。基礎スキーを7割、コブを3割くらいの比率で滑ります。1
モーグルや不整地小回りの基本を創るキャンプです。
不整地とコブを好きになる
☆☆
コブと友達になり、恐怖心を消すだけでなく、コブの助けを借りて滑れるようになるキャンプです。「初めてのコブ」と「初めての1コブ1ターン」を合わせた内容となります。基礎からコブへの連結を大事にします。
少しモーグルらしく
☆☆☆☆ 
コブは滑れるけれど、もっと早く、もっとアグレッシブに滑りたいというスキーヤーのためのキャンプです。
具体的にはバンクターンからのスピードアップと、スライドターンからのスピードアップに取り組みます。
ニューライン入門
☆☆☆☆☆
現在、モーグルの男子ワールドカップで使われているテクニックを中心にレッスンさせていただきます。コブの上級者に適したキャンプです。

スペシャルキャンプについて

スキーはオールランドをめざせ!
☆☆〜☆☆☆☆
いろいろなスキーをやってみたい方、少し挑戦してみたい方に打って付け。
基礎スキーとモーグル、オールマウンテンスキーの融合点がここにあります。
整地のカーヴィングターンから、不整地やコブ、新雪や悪雪、そしてエアまで、すべてをオールラウンドに鍛えるスキーキャンプです。
 どこにも片寄らない、物理学的に合理的なスキーをめざします。
エア初級&中級
パークのテーブルトップや、モーグルコースで飛んでみたいというスキーヤーのためのキャンプです。「飛ぶのが怖い」、「まだ飛んだことがない」みなさまと、少し高度な技に挑戦したいみなさまのためのエアキャンプです。
コブの吸収動作とエアの伸展動作は同じコインの裏表です。
バックカントリー
安全に

☆☆☆
バックカントリーを滑られる方たちのため、安全を最優先させたキャンプです。
半一準備とトレーニングをおこない、半日バックカントリーに入ります。
バックカントリーの安全確保に必要なすべてのもの一式を、エフ-スタイルで用意させていただきます。
可能ならファットスキーをお持ちください(レンタル可能)。
こちらから詳細をご確認下さい(必読)。
バレエスキー
☆☆
今は観ることのできない、かつてフリースタイルスキーの花と呼ばれたスポーツ。
そんなスポーツを世界で唯一指導するキャンプがこちらです。
創造性と表現力の魅力を味わってください。
エアドラゴン
☆〜☆☆☆☆       
子どもたちの心の成長を考えたフリースタイルスキーのキャンプです。
春にキャンプをおこなっています。


◆宿舎(ペンション・ホテル・民宿等)は白馬五竜観光協会を通じ、紹介させていただいております。
 メールにご予算(1泊2食付き料金)と希望されるタイプ(ペンション等)をお知らせ下さい。
 ご予算とご希望に応じた宿舎をご紹介させていただきます。
 白馬五竜観光協会提携の宿舎に泊まった場合、リフト券割引きなどが受けられ、たいへんお得です。
 e-mail : tsunokai@ski-lesson.info
 直接、白馬五竜観光協会にご連絡や質問される場合は、こちらから;
  http://www.hakubagoryu.com/
 白馬五竜の宿泊案内所はこちら;
 http://www.hakubagoryu.com/info/
 電話番号は:0261-75-3131(受付7:30〜18:00)
 eメールは : info@hakubagoryu.com

角皆優人のスキーレッスン

Masahito Tsunokai角皆優人の世界

〒399-9211
長野県北安曇郡白馬村神城27721-590
TEL 0261-75-4441
FAX tsunokai@ski-lesson.info